マンガ

パーティーから追放されたその治癒師、実は最強につき-おすすめ漫画のあらすじ&感想-

ども田中です!18年間毎日漫画を読んでいる田中が
「パーティーから追放されたその治癒師、実は最強につき」が最近人気みたいなので読んだのでレビューしてみましたー!
あくまでも、個人の感想なので悪しからずー!!

©双葉社/パーティーから追放されたその治癒師、実は最強につき

評価

パーティー追放されたけど実は最強クラスでしたっていう作品はスクエニ系の漫画で多いので結構読んできました。

特徴としては基本的に絵が綺麗で上手な作品が多いですよね!

この作品はそういったパーティー追放系の中では、絵の評価は中の下といったところ。

キャラの寄りの絵は綺麗で力を入れている事がわかるんですが、バトルシーンがどうしてもチープになっているのがもったいなかったなぁ。

ストーリーは、良く言うとわかりやすい、正直に言うとチープ。

もう少し・複線の引き方・キャラの感情が動くキッカケ・ストーリーにおける起承転結の、承と転を意識して展開していけば読者も感情移入がしやすいかなと。

tana'point

★★☆☆☆2/5

©双葉社/パーティーから追放されたその治癒師、実は最強につき
あらすじ

一流パーティーに所属する主人公の治癒師ラウスト。だが治癒師にとっては致命的な欠陥が。ラウストは初級魔法のヒールしか使えないのだ。それでも努力を重ね仲間の為に出来る事を増やしていったが、ある日リーダーのマルグルスの命令により追放されてしまう。だが、マルグルスたちはラウストの奇才に気づいていなかったのだ。落ちこぼれの治癒師が、お互いを尊重し合える仲間を得て成り上がる――「小説家になろう」発の大人気ファンタジーが書籍化!

感想-ネタばれ有り-

第一巻にしては世界観などの設定の説明や、読者が引き込まれる複線が薄い気がしました。

主人公のラウストが努力してきたのに認められずに可哀そうというエピソードをそこまで協調するなら、もう少し主人公のキャラ像を暗く卑屈にするなりした方が、ヒロインのナルセーナが仲間になってからの変貌がわかりやすくなって感情移入出来たのかなと。

そして、一級冒険者のチームにも拘わらず頭が悪すぎてびっくり(笑)

よく一級になれたなと。笑

僕は小説は読まない派なので、小説に何故彼らが一級の冒険者になれたのか理由が書いてあるかもしれませんが、それにしても。。。笑

同様に、町の人たち(冒険者とギルド職員)も頭が悪いというか柄が悪い印象が。。

治安が悪い街という設定なのかもしれないが、そんな描写や説明が無かったのでただただ子悪党が多い印象になってしまっていました。

魅力

異世界物ではあまり見ないが、「パーティー募集中です」と書いてある紙を道端で持って、新しいパーティーを探しているという姿はシュールで面白かったです。笑

3話の最後に出てくる師匠がやけに若くて美人で好き。(きっと魔法で若作りしてる系師匠)

評価の欄にも書いたが、基本的に絵が上手で寄りの絵が特に素敵だと感じました!

マンガでわかる 警察官採用試験 面接試験攻略法」という本の挿絵を、絵を描いている鳴海みわさんが書いており、漫画歴は長くなさそうなので今後に期待しています!!

「パーティーから追放されたその治癒師、実は最強につき」が読めるサイトとアプリはこちら

⇓ランキングの人気急上昇中に掲載されています!⇓

⇓損をしないのは断然こちら⇓

※まんが王国とU-NEXTなら下記の関連漫画も読めちゃいます!
※U-NEXTは無料期間中に解約すれば一切料金はかかりません! 


関連おすすめ漫画一覧

「パーティーから追放されたその治癒師、実は最強につき」
原作のライトノベル。
筆者は漫画しか読まないので、原作から読みたいという人はチェックしてみてください。

©双葉社/パーティーから追放されたその治癒師、実は最強につき

「回復術師のやり直し」
こちらもラノベ発です。この漫画は青年向けで少々えち多め。
ストーリー展開や絵のクオリティは抜群なので見て損のない作品。

←©角川コミックス・エース/回復術師のやり直し

「冒険者ライセンスを剥奪れたおっさんだけど、愛娘が出来たのでのんびり人生を謳歌する」
この作品の主人公こそ、「実は最強につき」の名を冠した主人公だと思う。笑
ちなみに今のところのんびりしてはいないが、キャラに愛着が持てるし感情移入が出来るのが素晴らしい作品。

©ガンガンコミックスUP!/冒険者ライセンスを剥奪されたおっさんだけど、愛娘ができたのでのんびり人生を謳歌する

-マンガ
-, ,

© 2021 tana'net Powered by AFFINGER5