役者になるには

反芻を撃退する術を学ぼう

ども田中です。いつも読んで頂有難うございます。
自粛要請もあと少しですが、長いですね。。。この機に副業をしている人も多いと思いますが中々上手くいっている人の方が少ないんじゃないでしょうか。
副業についての記事をまとめたものもありますので参考にしてみて下さい。

さて、前回の続きに参りましょう。

反芻撃退法を身に着ける

・自分の好きな事をして気を紛らわす
ストップの暗示をかける
信頼できる人に意見を求める
・「」の思考で反芻を考える

気を紛らわす

これは読んで字のごとくですが実はかなり効果があります!
反芻している時に怖い要素として、その問題から目をそらしてはいけないと思うところなんですよね。

これが皆さん陥る落とし穴。

ひとつの事に集中しすぎる事で解決策がみつからないという事もよくあるので注意しましょう。
逆に、リラックスする事で思わぬところからアイディアが浮かんできたりするものです。


私の例で出すと、ゲームが好きなので考えが煮詰まったりネガティブな気持ちになって反芻しそうになるとゲームをします。

ただ、対戦ゲームなど勝ち負けがでるようなゲームだと負けてストレスを感じる人がいると思うので、「ナンプレ」など自分のペースでやれてクリアした達成感を味わえるものが良いです。

私はあまりゲームでストレスを感じないタイプなので、対戦系のゲームも良くやりますが。。。笑
最近ハマっているのは「アークナイツ」です(笑)


気を紛らわすといえば、「シャワーに浴びる」のも良いですよ!
良いアイデアが出る場所としてシャワーを浴びるという行為はとても有効だという研究があるんです。

なので入れるタイミングであればシャワーに入り、リフレッシュすると同時に良いアイディアを出せるよう試してみても良いと思います!

ストップの暗示

暗示というと怖いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、要は癖をつけるという事。

「反芻したら、ストップの標識を思い出す」
「ネガティブになったら、停止の看板を思い出す」


このように、「これ以上反芻を繰り返しても、自分になんの得もない。」という思考に繋げるのです。
その思考に繋げる為のトリガー(引き金)として「ストップの標識を思い出す」などの対策をするととっても有効ですよ( •̀ ω •́ )✧



このように、自分の中でルールを決めておくんです。
そうすることで「○○をしたら○○」という公式が自分の中で出来上がります。

これを身に着けられればあらゆるところで活躍するので、試してみて下さい!!


上記は、「反芻」と紐づけて、反芻することを停止する為に、ストップさせる看板をイメージする。というルールを作りました。

応用編として、悪い習慣を直したいときや良い習慣を作りたいときなどにとても活躍します。

「朝起きたら、筋トレをする」
「髪を乾かし始めたら、ストレッチをする」
「ゲームをしようとしたら、する前に、20分間読書をする」
「ネットサーフィンをし始めたら、何のためにするかを考える」


などあらゆることに応用できます。特に自分が日常的に行う事に紐づけると成功率が上がり週間か出来るのでお勧めですq(≧▽≦q)

まとめ

1000文字めどにしてブログ書いてますがあっという間ですね。。。
次回は残りの二つを記事にまとめますのでお楽しみに!!

今回主に伝えたいこととしては
「反芻から逃げても何ら問題が無い」
という事を認識してください!!

その為の方法が今回の記事になっています。
それではまた次回φ(゜▽゜*)♪φ(゜▽゜*)♪

-役者になるには

© 2022 tana'net Powered by AFFINGER5