役者になるには

以外にも嫌われてしまう4つの特徴はこれだった…‼

こんばんは!田中です。いつも読んで頂き有難うございます!
何故か昨日に引き続き今日も10pushchallenge回ってきてしまった。何故。笑
一応こちらから見れますw
フォローしてくれるとコミュ力上がるブログの更新がわかるのでメリット盛り沢山!

いつの間にか嫌われる人の4つの特徴

さて、昨日の記事の続きですが嫌われる人の四つの特徴を深堀りしていきたいと思います。

前回嫌われる行動として
・バックハンドコンプリメント
・ハンブルブラッキング
・ヒポクラシー
・ハブリス
の四つを上げましたがこの内容がなんなのか気になるところですよね。

この内容に共通することとして何をしようとして裏目に出ている事が嫌われる原因だったか覚えていますか?

そうです。良い印象を与えようと頑張っている行動が裏目に出て嫌われているのです。
ここは大事なので覚えておきましょう。
では一つずつ内容を見ていき、当てはまったと思った人は受け止め改善していきましょう!!

バックハンドコンプリメント

これは、露骨な褒め殺しのこと。そもそも褒めるってこと自体が少々間違っているのです。
どういうことかというと、基本的には褒めるという行為が目下の人に行いがちです。上から目線で過剰に褒める事で、本当にそう思って褒めていたとしても相手には嫌味にしか聞こえていない可能性があります。
もし自分が誰かに褒められているとして次のような形で褒められたらどうでしょうか?

・どう考えても大したことのないレベルで外国語を話しただけで「すごい上手ですね!留学していたのですか!?」
・バイトで働いている時に社員から「バイトなのに仕事出来るね」
・自分が役者だという事を知っている人から「役者なのに勉強してて偉いね」

など言われたらどうでしょうか?少なくとも僕は腹が立ちました。笑

このように褒めるという行為は主に目下の人に行う行為で、主に、相手の存在や能力を認めて褒めているのではなく、自分の方がすごいんだぞというヒエラルキーの強調や、褒めてやっていると自分が感じる事で承認欲求が満たされるので褒めるという行為を行っている人が多いようです。

褒めるよりも驚きと感謝を伝えるようにしましょう。
明日の記事に書きますが感謝の気持ちは人を動かします。
まずはその事を意識してコミュニケーションを取っていきましょう。

ハンブルブラッキング

ハンブルブラッキングをするなる「ストレートに言ってくれよ」って思った人も多いはず。
何かというと、下手な謙遜、又は、謙遜風です。笑
どういうことかというと

・必死に歌の練習をしている人に対して「私も全然音程わかんないの~」とか言いながらめっちゃ上手い
・テスト返却前に「今回全然勉強してないからなぁ~」とか言いながら良い点を取っている

というような謙遜風な自慢をハンブルブラッキングと言います。全然謙遜になってません。
こんな事をして自慢をするなら「私歌なら得意だよ!」とか言ってくれた方がこちらとしても頼りやすいというもの。

しかも、アウトプットした方が脳に定着し更にスキルアップするので教える側にも得なので、皆さんも何か得意な事があったら負担にならない程度にアウトプットしてあげれば、それに関して困っている人の手助けにもなるので、積極的にアウトプットしていきましょう。

ヒポクラシー


偽善
ということです。これは一貫性の原理の記事にも書きましたが、一言で言えば筋が通っていない人、ということです。
よく口では良い事言うけど自分は全然やってないじゃんみたいな人いませんか?
例えば

・子どもには「勉強しなさい!」というのにスマホでゲームばかりしている親
・「人の愚痴言う人は嫌われるよ!」というのに愚痴ってくる彼女

など「自分は正しい事を言っていますよ」という態度でいるのに本人が出来ていないというのがヒポクラシーの正体です。特に家族や恋人との関係に起こりやすい現象です。

相手にこうしてほしい、こう変わってほしいという思いからつい言ってしまい、結果自分も出来ない理想を相手に押し付けてしまうのです。
これこそ自分の事が見えていない人が陥りがちな罠ですね。注意していきましょう。

ハブリス

急にキャッチーな名前になりましたね。笑 なんかかわいいなこの名前w
ただ、内容はそこそこ陰険です。笑

これは、他人との比較を使った自慢の事を言います。
いろんなところにこいつらは潜んでいます。

・「○○さんが遅かったんで私がやっておきましたー」
・「俺だったら出来るのになんでお前は出来ないの?」

など一旦、自分より出来てない人と比べて自慢することにより自己充実感を得ているだけの雑魚です。わざわざ比較しなくても「あ、あれ手が空いたんでやっておきました」と、さらっと報告する方が好感度が上がるのに、誰かと比較することで自分をより上に見てほしい、褒めてほしいという欲が見え見えなのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?自分に当てはまる。という方ももしかしたらいたかもしれませんね。
これらは意識することで治せます。
まずは自分と向き合って、自分に大切なことは何なのか、自分の理想は何なのか考える時間を作って下さいね。

今回の「四つの嫌われる特徴」に当てはまる人は自分に自信が無い人や、承認欲求が満たされていない人に良く見られます。
だいたいが家庭内不和が原因になるので、子どもがいる方は特に、子どもに対してちゃんと感謝を伝え存在しているだけで有難いんだという事を自分の言葉で伝えて下さい。

そうすれば、子どもは自信がつき色々な事にチャレンジするようになります。そして充実さや幸福感が増し、人に対しても優しくなるんです。感謝を伝える事を癖付けて子どもにも素敵なバトンタッチをしていってくださいね!!

感謝の効果


次の記事は「有難う」の持つパワーについて書いていきます。
感謝を伝える事で人は予想以上に頑張って動いてくれます。
悪用厳禁ですよ?

最後まで読んで頂きありがとうございました!
次回もお楽しみに!!

-役者になるには

© 2022 tana'net Powered by AFFINGER5