マンガ ライフ

「外道の歌」や「善悪の屑」みたいな漫画【23作まとめ】

「外道の歌」みたいな復讐劇系のスカッとする漫画何か無いかな?

このような質問にお答えします。

本記事のポイント

・「善悪の屑」「外道の歌」に似ている漫画を紹介

今回はネットで圧倒的人気を誇るアングラ作品「善悪の屑」「外道の歌」に似ている漫画を紹介します。

壮絶な復讐劇を繰り広げる両作を読んですっきりする人もいれば、受け付けない人もいると思います。

本記事は過激な内容・グロ描写がある漫画が好きな人におすすめの記事です。

もし嫌いな人がいれば見ないことをおすすめします。

「善悪の屑」「外道の歌」について詳しく知りたいという人はこちらの記事がおすすめ!

「外道の歌」「善悪の屑」に似た漫画一覧

それでは早速「善悪の屑」「外道の歌」に似た漫画を紹介していきたいと思います。

今回重要視した似ているポイントは「内容」です。

社会のクズに対して「容赦ない復讐」を行う両作と同じような復讐劇を紹介していきます。

園田の歌

出典:園田の歌 原作:渡邊ダイスケ 作画:永田諒 出版社:少年画報社
あらすじ

様々な依頼に応え次々と報復を代行するカモとトラだが、彼らが唯一逃し、そして奈々子の家族を殺した殺人鬼「園田」。彼の視点での過去が俊英作家によって描かれる大ヒットコミック「外道の歌」のスピンオフ!

引用元:園田の歌1巻

園田が本編より断然イケメンに描かれているのが嬉しいです。
本編と違って気軽に読めます。面白要素も多めのサスペンスものです。
やたら園田とモブを絡めたがるサイコパス腐女子近藤ちゃん、ありがとう。園田ファンは大喜びです。笑
園田と吉飼とのやりとりを見ていると普通の可愛い大学生です。
しかし、同じサークル内にシリアルキラーが2人もいるなんて…うーん怖すぎる。

引用元:めちゃコミック

ミスミソウ

出典:ミスミソウ 作者:押切蓮介 出版社:双葉社
あらすじ

「私は家族を焼き殺された――。」三角草(ミスミソウ)。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花。閉鎖的な田舎町の中学に転校してきた少女「春花」を待っていたのは、壮絶なイジメだった。せき止められない憎しみに、少女の心は崩壊する―――!!

引用元:ミスミソウ1巻


一話の時点で言葉をなくしたししんどい気持ちだったけど、そこで読むのをやめるのはもっと怖いから…。ハイスコアガール読了済みだったので、押切さんこんなのも描けるんだな、編集から目を引くエグいの描いてくださいとか言われてヤケになったのかな、とまで考えてしまった。

引用元:読書メーター


イジメカエシ

出典:イジメガエシ 作画:村下玖臓 出版社:スクウェア・エニックス
あらすじ

カレンダーをモチーフとした超人気アイドルグループ「カランドリエ」。華やかな活動のその影で、グループの一員である31は他のメンバーたちから毎日のようにいじめられていた。「自分が笑顔じゃなきゃ、ファンのみんなも笑顔にできないから」やられたら、殺りかえすしかない。いじめによって奪われた自らの笑顔を守るためなら“なんでも”する。他のメンバー30人を相手に、31の狂気の復讐が始まる。

引用元:イジメガエシ 1巻

復讐やアイドルという設定は建前です。
この漫画の真髄は「あたま空っぽにして楽しめる爽快バイオレンス」です。
外見は綺麗でも内面が醜悪な美少女達を、主人公が復讐という名目でバッタバッタとなぎ倒していく。
当面の悪役を倒せば、すぐに次の悪役が出てくるテンポの良さも一昔前の少年漫画を思わせます。
かなりグロテスクですが、悪役達は同情の余地は一切ない程に徹底した悪人ですので、不快感もありません。
シンプルで爽快なものが好きな方、ちょっとマニアックな趣味をお持ちの方にはオススメです。

引用元:めちゃコミック

髑髏は闇夜に動き出す シリーズ

出典:髑髏は闇夜に動き出す 作画:TETSUO 出版社:少年画報社
あらすじ

身寄りのない老人の前に不意に現れた隣人一家。一家の優しさに触れ、始めて家族をもったような幸福を味わったのも束の間、一家が何者かに殺された。失うものはもう何もない老人が復讐の鬼と化す! ダークバイオレンスストーリー!

引用元:髑髏は闇夜に動き出す 1巻

老人による復讐劇。一人の老人が復讐の鬼と化す過程が丁寧に描かれているので(いきなり、復讐心に凝り固まるわけでないので)すんなり共感できた。何より復讐心と戦闘力が連動せず、だいぶ泥臭い戦いをするところが良い。

引用元:読書メーター

闇金ウシジマくん

出典:闇金ウシジマくん 作画:真鍋昌平 出版社:小学館
あらすじ

オモテの金融機関に見捨てられた、哀れなヤツらの人生にトドメを刺す――闇金融の世界に生きるダークヒーロー、ここに誕生!!丑嶋のもとを毎朝9時に訪れる「奴隷くん」と呼ばれる人々。それはパチンコ依存症の主婦たちのことで、丑嶋は彼女らに3万円の現金と引き換えに5万円の借用書にサインさせる。あらかじめ金利・手数料2万円を引いた上、1日3割もの暴利を課しているにも拘わらず、今日も彼の会社には哀れな訪問者が引きも切らない。

引用元:闇金ウシジマくん

この先無事に生きていけるのか不安にさせる漫画。見栄からローン地獄に転落していく女性会社員の話が怖いです。そんなことはあり得ないのですが、この話を読むと、もし自身の配偶者が隠れてローンを組んでいたらという不安が頭をよぎる。

引用元:読書メーター


マイホームヒーロー

出典:マイホームヒーロー 原作:山川直輝 漫画:朝基まさし 出版社:講談社
あらすじ

頼れる妻と、ちょっと反抗期気味だけど可愛い高校生の娘。鳥栖哲雄の人生はそれなりに幸せだった。娘の顔に殴打の傷を見つけるまでは。「100万の命の上に俺は立っている」の山川直輝、「サイコメトラー」「でぶせん」の朝基まさしの異色コンビが描く、罪と罰、愛と戦いの物語、開幕!

マイホームヒーロー

まず主人公の造形がリアルすぎ。中小企業勤めのぱっとしない会社員という設定は腐るほどあるが、趣味の設定がこりすぎる。某投稿サイト(あきらかになろう……)に趣味の推理小説を投稿しているものの、評価はいまいちで一日の閲覧数は平均100PV。コミュニティ会員の人数は13人と、数字がいちいちリアルすぎる……こういうお父さん実際いそうと、細部から詰めていく。サスペンス的なリーダビリティーの高さもさることながら、親子愛、夫婦愛、家族愛などのテーマも含み、「守るべきものの為に罪を犯すのは是か非か」の命題を考えさせられる。

引用元:読書メーター

未亡人の復讐

出典:未亡人の復讐 作画:黒澤R 出版社:双葉社
あらすじ

復讐は気持ちが良い―― とあるIT企業に勤務する、有能な派遣エンジニア・鈴木密。彼女がその会社に潜り込んだのには、隠された理由があった。夫を追い詰め、自殺に追いやった者たちひとりひとりへ、借りを返すため―― 気鋭の作家・黒澤R、渾身のSweet revenge story!

未亡人の復讐

夫を過労死に追い込んだ会社に、自ら身分を偽って派遣として入り込んだ未亡人が、ターゲットを次々破滅に追い込んでいく、まさにタイトル通りの作品。こういうリベンジストーリーはわりかし好きなので、一気に読み終えたけど、復讐するほど夫を大事にしてた奥さんが結局あっさり部下に乗り換えたのはどうなのかな〜。モヤモヤ。

引用元:読書メーター

怨み屋本舗 シリーズ

出典:怨み屋本舗 作画:栗原正尚 出版社:集英社
あらすじ

「あなたの怨み晴らします。社会的抹殺・人探し・実質的殺害(価格応談)」…こんな名刺があなたのポストに投げ込まれたら、あなたはどうしますか?謎の女「怨み屋」があなたに代わって制裁を下します。殺伐とした現代社会の暗部を抉る問題作!!

引用元:怨み屋本舗 1巻

『ブラック・ジャック』の一話完結型のまま「怨み屋」バージョンといったところか。怨みの依頼を受けることで、親子関係や、ご近所付き合い、報道によるバッシングなど、今の時代が抱えている問題が浮き彫りになってゆく社会派サスペンス。中にはかなり心を抉られるエピソードもあり、正直、画のタッチも全然好みではないけど、このまま読んでみたくなる魅力がある。

引用元:読書メーター

復讐チャンネル ウラミン ~公開処刑ナマ配信中~

出典:復讐チャンネル ウラミン ~公開処刑ナマ配信中~
作画:飯星シンヤ 出版社:ぶんか社
あらすじ

バーチャル動画サイト「うらみんTV」は、害悪な人間たちに制裁を加える動画を配信し、登録者数300万人超えの人気チャンネル。これを運営する「うらみん」こと吉浦(よしうら)みのりには熱狂的な信者がいるが、実は小学生の頃、凄惨ないじめに遭い、引きこもりとなった過去を持つ。彼女はいじめ加害者たちに復讐することを誓い、リベンジ動画を生配信していく。一番のターゲットは、自分を地獄のどん底に突き落としておきながら、今ものうのうと暮らしているいじめの首謀者・竹宮京香(たけみやきょうか)!! あの女を、社会から抹殺してやる――!!

引用元:復讐チャンネル ウラミン ~公開処刑ナマ配信中~1巻

«善悪の屑»や«外道の歌»のごと、許せない変態ロリコン犯を誅する! 果たして第二の歌になれるかどうか……期待して続きも読みましょうかね。今夜まで電子無料なので急いで読みました。

引用元:読書メーター

いともたやすく行われる十三歳が生きる為のお仕事

出典:いともたやすく行われる十三歳が生きる為のお仕事
原作:諸葛宙 漫画:さいがりゅう 出版社:集英社
あらすじ

十三歳の少年、シリアルキラー・しょーたろーが選んだ仕事は連続殺人鬼――!? 躊躇なく拷問し、殺害を繰り返すしょーたろーは、未成年の集団に妹を殺された黒鉄陽人(くろがねあきと)の前に現れ、衝撃的な言葉を告げる…。繰り返される殺戮、その目的とは!? 暴力性100%! クライムサスペンス開幕!!

引用元:いともたやすく行われる十三歳が生きる為のお仕事 1巻

https://twitter.com/Y714uz/status/1297939541601345536?s=20

主人公の男の子がかわいいのに、激しいシーンはけっこうグロくてドキッとします。
復讐劇なので展開が気になります。

引用元:めちゃコミック

ジンメン

出典:ジンメン 作画:カトウタカヒロ 出版社:小学館
あらすじ

転校で七年ぶりに故郷へ戻ってきた動物好きの主人公・神宮マサト。幼馴染みの女子高生・ヒトミをデートに誘い、訪れた動物園で二人は人間の顔が付いた動物に突如襲われてしまう… 逃げ惑うマサトとヒトミ。しかし、それは彼らが思いがけない世界に放り出される序章に過ぎなかった――――!! 動物が人類に反旗を翻す戦慄のアニマル・パニック・ホラー、堂々開園。

引用元:ジンメン 1巻

突如、動物たちが理由もなく人間を襲い始める。しかも動物たちの顔には、人間の顔が張り付いていた──────人間の知能をもち、言葉を話すアニマルたちがとにかくグロテスク。そして人間の殺され方もあまりに残虐。なぜ人を襲うのか、なぜ人面なのか。訳が分からず、得体の知れないことへの恐怖と、極限の状況に置かれた人間たちの心理をよく描いたマンガ。

引用元:読書メーター

辺獄のシュヴェスタ

出典:辺獄のシュヴェスタ 作画:竹良実 出版社:小学館
あらすじ

16世紀、神聖ローマ帝国。罪なき賢者が「魔女狩り」という名の迫害に遭った時代。魔女狩りを指揮する修道会の処刑で家族を失くした「魔女の娘」エラは、魔女の子供達を集めた女子修道院に収容された。激流のごとき変革の刻。聖母を形どった拷問具「鋼鉄の処女」と共に辿るエラの苛烈な運命を描く、サバイバル歴史大作…!!

引用元:辺獄のシュヴェスタ 1巻

https://twitter.com/Oluq91/status/1297069281398513670?s=20

苛烈なところのある女の子の復讐譚。魔女狩りの時代。修道院からの脱出・育ての母の仇を討つ、それぞれの目的のため徒党を組む少女たち。持ち前の強靭な精神力を糧に、主人公がだんだん賢く、したたかに成長していくのが良い。鋭く研ぎ澄まれていくナイフとその鞘を見るよう。冒頭のアイアンメイデンがどう繋がるか楽しみ。

引用元:読書メーター

監獄実験―プリズンラボ―

出典:監獄実験―プリズンラボ― 作画:水瀬チホ 原作:貫徹 出版社:双葉社
あらすじ

夏休み前最後の登校日、理不尽ないじめの日々に絶望する高校生・江山藍都のもとに、奇妙な手紙が届いた。それは、誰でも好きな相手を、1か月間監禁できるという「監禁ゲーム」への招待状だった。期間中、監禁相手に対しては殺す以外の何をしても許されるうえ、相手に名前さえバレなければ大金も手に入れられるという。監禁相手に、いじめの首謀者・桐島彩を指名した江山。少年の復讐劇が始まる!

監獄実験―プリズンラボ―

なんとなく友達ゲームとかを思い出したし、エロがありそうでないのは意外。憎悪をただただぶつける訳でもなく裏に気づく主人公が鋭すぎるような。

引用元:読書メーター

イジメの時間

出典:イジメの時間 作画:くにろう 出版社:マンガボックス
あらすじ

―もう二度と生まれてきませんように― 学校の屋上から身を投げ出そうとするのは、半年前まではごく普通の中学生生活を送っていた少年、歩。彼をここまで追い込んだものとは? そして、その先に待つ真の結末とは…?

引用元:イジメの時間 1巻

まず始めにイジメは絶対にダメだと言う絶対的なテーマがあるので作者を尊重しないといけないと思う。いつの時代にもあるイジメ。はっきりとした理由がある訳でも無く『気に入らねえ』の一言で始まります。そこは時代が変われど変わらない部分か。現代のイジメは頭脳を使い心理的に攻めて来る。イジメの進化と言えば良いのか。強き物が弱い物をターゲットにする。本当に嫌だ。やめてくれ。自殺が最大の世間へのアピールなんて悲し過ぎるわ。内容的に嫌な物を見せられた気がするが2巻も正面から受け止めて見て行かないといけないです!

引用元:読書メーター

いじめのケジメ

出典:いじめのケジメ 作画:池上ナオ 出版社:講談社
あらすじ

高校教師・天野のもとへ届いたのは1冊の黒い手帳。そこに綴られていたのは、かつて天野の担任していたクラスで行われた、壮絶ないじめの顛末であった。17年が経過し、天野はいじめ被害者の生徒を探し続けるが、未だ行方は掴めていない。そんな時、当時のクラスメイトたちが次々と殺され始めた! 天野は悲しい復讐劇を止めることができるのか…。――鈍感すぎた教師、悪意のクラスメイト、怯える傍観者…いじめに関わった者達すべてに「ケジメ」をつける時が来た。

引用元:いじめのケジメ 1巻

イジメ復讐物。回想のいじめシーンでの、いじめ行為を受けている少年の悔しさ・恐怖・絶望感がヒリヒリと伝わってきて。絵が上手いし……漫画が良い。1巻で当時の加害者の数人へ復讐殺人が完了しているペースであるが加害者に順番に復讐……というだけではないっていうか、先が気になる感じがある漫画。かつての加害者達も一枚岩ではないっていうのか、当時相当酷いことをしていた、復讐殺人された加害男子について、浅い奴だったと振り返る他の加害者らの現在の集まりが描かれたりと。当時のクラスの加害生徒の層の厚さがすごいな。

引用元:読書メーター

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

出典:君が僕らを悪魔と呼んだ頃 作画:さの隆 出版社:講談社
あらすじ

かつて、僕は悪魔だった。半年間の失踪を経て、記憶の全てを失ってしまった高校生、斎藤悠介。記憶喪失なりに平穏だった日常は、ある日、突然、破られた。次々に現れる過去を知る者、復讐者たち。覚えのない咎で断罪される瞬間、死肉に突きたてた刃の、幻を見た。━━さて。俺が殺したのは、どこの誰だ?

引用元:君が僕らを悪魔と呼んだ頃 1巻

紹介していただいた作品。自分の中でここまで胸糞悪くなり同情の余地がない主人公も珍しい。高校入学直後に失踪して半年後に記憶を無くした状態で発見された主人公。普通の高校生として生活を始めていく中で、記憶にない中学時代の過去からの復讐により物語が動く展開。少しでも過去が明らかになると、作品の印象そのものが直ぐに変わる構成が特徴の一つ。罪は何処まで償えるのか?そもそも償えるのか?作者はどの様な結末を描くのか?明るい未来は見えないけれど、続きが気になる内容。正直エグさもありオススメし難いオススメ本。

引用元:読書メーター

復讐教室

出典:復讐教室 原作:山崎烏  作画:要龍 出版社:双葉社
あらすじ

クラスで酷いイジメに遭っていた中学3年生の藤沢彩菜は、ある決意をする。「クラスメイト全員に同じ地獄の苦しみを味わわせてやる」――見え隠れするイジメの首謀者。黒幕は親友なのか、それとも……全員狩るまで終わらない――28人のクラスメイトへの命がけの復讐が始まった。

引用元:復讐教室 1巻

小説を先に読んでいましたがこっちの方がインパクトはすごかったです。特に結子と恵美のシーンは衝撃でした。より黒さが引き立っていて好きです。後味は悪すぎるけどそこに引き込まれます。

引用元:読書メーター

回復術師のやり直し

出典:回復術師のやり直し
原作:月夜 涙 漫画:羽賀ソウケン キャラクター原案:しおこんぶ
出版社:KADOKAWA
あらすじ

【癒】の勇者・ケヤルは、ある日【回復(ヒール)】が最強に至る魔法だと確信する。しかし、その可能性に気づいたころには、すべてを奪われていた――。彼は、世界そのものを【回復】して四年前に戻り、人生をやり直すことを決めるが……。

引用元:ヤングエースup

フレアが屑すぎので復讐されるのは仕方ないけど、主人公の執念が凄い。復讐だけなら、時間を巻き戻さずに、あのまま復讐すれば良かったと思うが、わざわざ4年前に戻りまた苦痛に耐える日々を過ごす所から始めるとは。

引用元:読書メーター

ザ・ファブル

出典:ザ・ファブル 作画:南勝久 出版社:講談社
あらすじ

“寓話”と呼ばれし、風変わりな“殺しの天才”が、この町の片隅にひっそりと棲んでいる──。殺しのプロとして“一般人”になりきれ! 野蛮で、滑稽な、大阪DAYS。『ナニワトモアレ』&『なにわ友あれ』の南勝久、銃撃最新作!!!

引用元:ザ・ファブル 1巻

え、何これ面白い。以前、この作者のお話にはついて行けなさを感じたんだけど別人かと思うほど面白い。伝説の殺し屋が一般人になりきろうと頑張る姿が笑える。コマ割りや間でセリフがなくても笑わせる画力と構成。裏社会とかアウトローなお話で主人公が殺し屋だけどファブル(寓話)て言うくらいでレオン的なファンタジー色もある。傑作の呼び声も高いけどホントに傑作。えー、作者どうした。こういうの描く人だったっけ、天才か。

引用元:読書メーター


シマウマ

出典:シマウマ 作画:小幡文生 出版社:少年画報社
あらすじ

俺は知らなかった……この世の中には奴隷や家畜……それ以下の世界がある事を……始まりは、一通のメールの着信だった。そこに添付されていたのは、原型の崩れた仲間の顔と抜き取られた二対のアバラ骨……。小遣い稼ぎの美人局でヤクザを引っ掛けてしまった事から、タツオの日常は転がるように暗闇へと堕ちていく!『シマウマ』とは、いったい何者なのか!?

引用元:シマウマ 1巻

ある人間に恨みを持つ人間に依頼を受けて、残虐な復讐を行う回収屋の話。主人公は、ある男に酷いリンチを行い恨みを持たれた側で、残虐なリンチをされる立場となったのだが、深く持っている破滅的で凄惨な雰囲気や、発した言葉が、リンチ主導者に引っ掛かり、リンチをされるはずの運命は別の展開を見せるが、より陰惨な試練でもあった……。漫画のキャラみたいな変な語尾の喋り方をする子が好きなので、今後も出てきて欲しい。

引用元:読書メーター


地獄少女

出典:地獄少女
まんが:永遠幸 原作:地獄少女プロジェクト
出版社:講談社
あらすじ

ねえ、地獄通信って知ってる?午前0時にだけアクセスできるサイト・地獄通信。そこに憎い相手の名まえをかきこむと、「地獄少女」があらわれて怨みを晴らしてくれる……。子どもたちの間で広まった都市伝説。でも、ウワサは本当だった――。

引用元:地獄少女

瞳が大きく髪長く制服を着て恋に恋していそうないかにもな少女漫画の少女キャラたちが恨み恨まれ復讐に走るというギャップがひとつの持ち味だ。だがあくまで蛋白。地獄少女閻魔さんに生活感がまるでなく事務的に人を呪わば穴2つなんて警告しながら依頼により地獄に落とす。完全なる勧善懲悪劇で、読み切りで悪を生み出すのが一工夫だ。万引を押し付けられてとことん付け込まれるとか(第1回)。

引用元:読書メーター



生者の行進 Revenge

出典:生者の行進 Revenge
作画:原作:みつちよ丸 作画:佐藤祐紀
出版社:集英社
あらすじ

類稀な除霊の力を持つ神原省吾は、赴任先の中学校でいじめを苦に自殺寸前まで追い込まれた玉木理華と出会う。彼女の持つ“御守り”に、強力な悪霊の呪いを感じた神原は、いじめの主犯格の生徒ばかりが次々と猟奇的な自殺を図る、奇妙な連続自殺未遂事件との関連を調べ始めるが…!? 人間の負の感情が連鎖する、禍々しき復讐劇の幕が開く!!

引用元:生者の進行 Revenge 1巻

原作者の前作『生者の行進』は、ホラー大の苦手な私でも深夜に一気読みしてしまうくらいに面白かったので、続編が出たときいて速攻で課金した。今作は作画が別の方に変わって、より写実的な絵柄になったが、前作の絵柄のホラー的な気味悪さは少し緩和されて、良い意味で読みやすくなった感はある。続きが楽しみ。

引用元:読書メーター


私の夫は冷蔵庫に眠っている

出典:私の夫は冷蔵庫に眠っている
原作:八月 美咲 漫画:高良 百
出版社:小学館
あらすじ

結婚以来、夫からの暴力に耐え続けてきた夏奈。
ある夏の日、彼女は夫・亮の殺害を決意し、実行に踏み切る。
亮の死体を冷凍庫に隠し、あとは自由な人生が待っているはず…だった。
ところが、予想もしなかった事態が夏奈を襲うーー。人気小説サイト「エブリスタ」に掲載され話題となったラブサスペンス作品、待望のコミカライズ!

引用元:裏サンデー

「外道の歌」や「善悪の屑」に似た漫画まとめ


以上が外道の歌や善悪の屑に似た漫画の一覧になります。

似ているポイントを復讐という内容に絞ったので、復讐劇が好きな人には呼んで欲しい作品ばかりです。

こういった作品は家に置き辛いという意見も多くあるので、電子書籍で読めるのは嬉しいですよね。

どのサイトが良いか分からないという人は、電子書籍でコミックが読めるサービスの情報をまとめた記事がありますので参考にして下さい。

とにかく早くおすすめのサイトが知りたいという方は、記事内でメインで紹介していた「ebookjapan」ですが無料で読みたいという人は「U-NEXT」がおすすめです。

詳しく知りたいという人はこちらの記事に、メリット・デメリットや実際に使用した人の感想も載っていますので参考にしてみて下さい。

-マンガ, ライフ
-, ,

© 2021 tana'net Powered by AFFINGER5