役者になるには

コロナにより変わってしまった接客業の苦痛

こんばんは田中です。
HPをより見やすくリニューアルしました!もっと洗練させていきます^^


さて、今回のテーマはこれ


このツイートを見たときに本当に腹が立ちました。


自分の事にしか注意がいかない人々の行動でこうも傷ついている方がいるということを周知すると共に、誰しもこのツイートのような心無い人になる可能性があることを改めて認識してもらえたら幸いです。
もちろん自分への戒めとしても。

何が起こったのかというと
コロナが日本でも爆発的な広がりを見せて昨日ついに非常事態宣言が発令されましたが、それより前にすでにことは起きていました。

コンビニやスーパーは生活必需品が置いてある店なので私たちの生活の為には欠かせない店です。
こういった店が軒並み閉店してしまうとAmazonなどの宅配サービスで飲食物やティッシュなどの生活必需品を購入しなければいけなくなります。
そうすることで配達員に負担がかかり、今までと同じような生活を送ることは難しくなる事でしょう。

なので、今働いてくれている方々は、自分たちもコロナにかかる危険があることを分かったうえで、私たちの生活に必要な事をしてくれている状況です。

それに対してコロナにかかってしまうという恐怖心から、店員を病原菌のような扱いをする客が何人もいるとのこと。
日本人は誇りと精神性が高く人に対して誠実にかかわってくれる人が多い、と言っていた友人がいましたが
どうもそれは、自分達に危険が及ばない範囲でのことだったようです。

なぜこのような人が増えたのか?

一言でいうと自己認識に欠けているからです。
前回の記事にも書きましたが私は、自己認識に欠けている人間が嫌いです。これはこのような結果を生むからにほかなりません。今回の客は自分の事しか考えられない共感力0の人間です。このような人たちの世界には自分しか映っていません

どうやったらコロナに感染しないか、自分が助かるにはどうすれば良いかということばかり考えているから、サービスを提供してくれている店員に対して不適当な扱いを行ってしまうのです。明らかに自分たちの方がおかしいのにです。

ただ、こういった人たちは一定数います。
自分がされたらいやな事は人にはしないという概念がそもそもないので、SNSでいうアンチや荒らしのような人たちと同じ類の人です。
むしろ、自分がされて嫌なことを他の人にすることで心の平穏を保っているような低レベルな人間です。
このような人間は必ず破滅します。

抜け出すためにはどうすれば良いか?

まず自己認識に欠けている状態であることを認識しましょう。そこを受け入れなければどこへも進めません。
自分が何故そのような態度をとってしまっているのかを考える余裕がないことが最大の危機です。
家族に友人にも気づかずに傷つける発言や行動をしている可能性が十二分にあることを知り、傷つけるような行動をとったとしたら何故そのような言動をしてしまったのかを振り返りましょう。

ここで重要なのが、振り返り反省し次に活かすためにどうすれば良いのかを考える事
メンタルが弱い人に陥りがちなのが反芻、何度も同じことを頭の中で繰り返して自分に言い聞かせる事が脳と心に深刻なダメージを与える行為になるのでやめましょう。


例)①店員さんを傷つけるような言動をとってしまった。→②なんであんな態度取ってしまったのだろう。→③あぁ俺って最低の人間だなぁ→④どこかの店に行く→⑤思い出す→②からループ


このような考えが典型的な鬱になる人の反芻です。何かのきっかけで思い出してそれを全て自分のせいにしてしまい自分で自分を攻撃するということを1日だけならまだしも長い期間行い続けます。


そうならないために、①のような行動をとってしまっても引きずらないことが重要です。
②までの考えは一緒で良いので、②の原因を自分なりで良いので考え自分なりの答えを見つけたら、どうすれば①のような言動をしないで済むかを考えればよいだけなのです。
それが正解か不正解かは人によって変わってきます。


そこで大事なのが客観性を持つこと。自分ではその答えがわからないのだとすれば誰かに相談すれば良いだけなのです。
こうやって一つ一つ、自分の中の問題や感情の不和を解決していければ人にむやみやたらに当たることが無くなってきます。もちろん苛立ちなどの感情が出てくるのは仕方のない事なのでそれを何故感じたのかを考え自分なりの答えを出すことが大切です。


ズームイン・ズームアウト

心理学の世界では視点取得というテクニックがあります。
これは言葉の通り自分の視点をより多く持つということ。今までさんざん取り上げてきましたが、主観しかない人間は自分の事しか考えられません。相手目線でものを考えるのはもちろん、その人が過去にどんな経験をしてきたのかなんて考える余地もありません。共感能力が0なので。

この視点取得というテクニックには二つあり

ズームイン→自分の感情や状態を深く見つめる。
ズームアウト→相手の立場や状況から相手の状態をイメージする。

ズームインマインドフルネスに感覚が近いかもしれませんが、今自分がどんな感情を持っているのか、体はどのような状態かを観察し何故そうなったのかを探り、気持ちを落ち着かせる技法です。感情に振り回される人間は表面に出てきている感情にしかフォーカス出来ません。案外その感情が起こった理由がわかると気持ちは落ち着いてきます

ズームアウトかなり感情が高ぶった時でも相手の立場に立って考える事が出来る手法です。
イメージを連想させて膨らませる技術なので、これなら共感能力0でもイメージ力や妄想力があれば扱えるので大抵の人が扱えます。

今回の例でいうとコンビニの店員と客。

今回記事に取り上げられた客達
コロナ怖いな感染したくないな→②生活必需品を買う為にコンビニへ→③誰が菌を持ってるかわからないから誰にも触られたくない→④すこしでも触れられないようにバーコード向ける→⑤お釣りをもらうときに手が触れて反射的に体が拒絶する(反芻した結果)


客側がもし視点取得の技術を持っているとしたら
コロナ怖いな感染したくないな→②生活必需品を買う為にコンビニへ→③誰が菌を持ってるかわからないから誰にも触られたくない→④(ズームイン)メディアに扇動されてそう思っていたことに気づく→⑤そこまで極端に遠ざけなくても今まで大丈夫だったことに気づく→⑥(ズームアウト)レジに商品を持っていくが店員さんもかなり大変な状況の中仕事をしている事に共感する→⑦お互い気持ちの良い買い物が出来る


あくまで一例ですがこのような変化を意図的に起こせるのが視点取得の大きな特徴です。


何度も言いますが誰しもこのような人間になりえます。
自分は大丈夫と思わないで自分の事を深く理解することを勧めます。

-役者になるには

© 2022 tana'net Powered by AFFINGER5