役者になるには

内的自己認識⑦周りへのあなたの影響は?

ぐっぴー!田中です。
昨日HP整備してもらおうと思ったんですがその方も長くプログラミングから離れていたみたいでほとんど改善されず。。。
勉強しろってことね!わかった!状態です笑

まだまだコロナ禍が続きますねぇ。
ロックダウンにもなりそうだしどうなるんだろうといろんな人が思っていると思います。
私たちに出来る事をそれぞれにみつけて一つずつやっていきましょうね!!

ということで田中は、コロナが終息した時を思って、このタイミングでコミュニケーションスキルを伸ばし、自己認識を皆さんに深めてもらいたくブログを書き始めました!!



今回は、自分の行動の人への影響を知ろうということです。
この記事は、是非、議員や週刊誌の記事を書いている人に読んでほしい記事です。笑

宮迫さんやDaigoさんの適当な報道をどれだけの人が見てどれだけの人に影響を与えているのか。考えての行動だとは思いますが本当に悪徳。
メディアは人々を動かす力がありますが、ほとんどの場合が偽装、真実を隠すために行っている、行わされているように感じます。
皆さんも何を信じるか自分たちで判断していきましょうねー!


さてさて、話はそれましたが以下の人は特に注意して今回のワークを進めてい頂きたい!!

・家族関係が悪いと思っている人
・自分は特に何もしていないのに仲違いした経験がある人
・いつの間にか友達が減った経験がある人
・よく陰口を言われている人


今回は上記の人の為の記事。
必ずしもあなたが悪いわけではない。が、周りが悪いわけでもない。
という場面って結構多いです。
何故なら、お互いにお互いの正義があり、極端なものではない限りその正義は正しいから。

だからどちらかが折れなければいけない。という事ではないのですよ。
そんなしっかりとした意思を持っているのなら、伝え方や相手に対する行動一つで関係は良好になることも多々あります。






それらを治せる方法としては
以前記事にも書きましたが、自分の幸せを願ってくれている友人や恋人、パートナーにフィードバックをもらうことが、とても分かりやすく、その人の事を大切に思っているなら思っているほど改善しようと思える、あなたの気づきとなります。

それでも、自分にとって深刻になり得るフィードバックをもらうよりも前に、準備できることや気づけることがあるならばそれに越したことはありません。

あなたの周りへの影響は簡単に見落としてしまいがちです。
周りへのリアクションや反応は自己認識を深める際にとっても重要になってきます。

この記事があなたの自己認識を深め、人間関係が良好になる手助けになることを祈っています。



周りへのあなたの影響は?

1.私生活や職場で、あなたが強い関心を抱いている人は誰ですか(従業員、配偶者、子ども、顧客など)

2.1で答えた人やグループそれぞれに、どんな印象を持たれたいですか?

3.それぞれの人やグループにたいする、先週の自分の行動について考えてみて下さい。第三者の立場からその行動を眺めてみて、あなたが望むような効果を得られていると思いますか?

4.先週、それぞれの人やグループのリアクションはどんなものでしたか?相手とのやり取りを振り返って、相手の返答だけでなく、相手の表情や、ボディランゲージや、トーンを思い出してみましょう。それらは自分が引き出したいリアクションに見合うものですか?もし違うなら、自分の何を変えればいいでしょう?

5.自分が望む影響を与えられるアプローチに変える機会があるとしたら、明日からどんなことを試し、どんな影響を与えられると思いますか?





今回の周りへの影響はもちろんどんな人にも意識してほしい事なのですが特に
人の上に立つ職業の人や、私たちみたいに人の前に立つような人、表現者には深く知覚してもらいたい。

この内容をしっているかどうかで、周りとの接し方や自分の律し方が、圧倒的に変わってくる。もちろん、周りの人もそれに気づくので個人のファンが増える要因にもなり得るし、部下や後輩がついていきたい人間なのは間違いないだろう。


そして今回のワークでは客観性の要素が多分に含まれている。
次回から本格的に取り扱っていく客観性だが、ここ数日で行ってきた
内的自己認識の部分を踏まえて客観性の部分に臨んでほしい。

自分(主観)と周り(客観)のバランスが取れていることが重要なのです。

自分の事がわかっていないと周りに流されるまま。自分の人生の舵を誰かに取ってもらえたら確かに楽かもしれません。だけどそこにあなたの幸せはあるのかを考えてもらいたい。

逆に我を通す事しか知らない人も多くいます。古い体制のまま残っている会社や業界なんて特にそうですよね。我を通すしか知らないので、へこへこついてきてくれる人が周りに集まります。この人たちはだいたい自分で考えたがらない人達。もちろんそうじゃない人もいますがそういった人はだいたい見限っていなくなりますね。

だから、フィードバックをもらう事ができない。又は、もらっていたとしても自分の考えを曲げられない、素直に受け止められない人が大勢います。

バランスをとれないと極端に言えば下記の2パターンになってしまうんです。

・自分で人生を決められないで、幸福度が低い人
・自分しか信じられず、周りに心から信頼できる人間がおらず、幸福度が低い人

極端かもしれませんが陥る人は少なく無いです。
あなたの周りにもこういった人いませんか?

この記事が、まずはあなたが変わるきっかけになることを祈っています。








まとめ




・自粛期間中だし人生について考えようぜ!
・議員とか週刊誌の記者とか読んでくれよ。影響考えろ。
・主観と客観のバランス本当大事よ。
・周りへの影響考えたことある?







-役者になるには

© 2022 tana'net Powered by AFFINGER5