役者になるには

内的自己認識⑤あなたの理想の環境は?

どもー田中です。
これまで様々な自己認識を深めるワークを行ってきましたが如何ですか?

記事は見てるけど実際にワークを行っていないという方が多いと思いますが、自分のタイミングで良いのでやってみて下さいね!
一つ一つのワークはそこまで時間がかかるものではないので10分前後で出来る人も多いので!

自分についての発見って気にしてないと本当に出来る機会が少ないし
日本は相手の為を思って言うという選択肢をとる人が少ないように感じます。

なので自分について深く知り行動を変えたいと思っているなら、出来る範囲からで良いので自分から動いていきましょう!!

さて、今回のテーマは「理想の環境」という事ですが
私は実際にこのテーマについて考えたことなかったんですよ。
自己認識の参考文献であるinsihghtを読むまでは。


今は、新型コロナウイルスで世界的に混乱している最中ですが、この騒動が収まった後により快適で充実した生活を送るためにも今回のテーマは重要になってくると思いますよ?



「理想の環境」と一言で言ってはみたものの、環境という言葉だけでは少し抽象度が高いですよね。
では、環境とはなんでしょうか?
あなたなら環境とは何と答ええますか?




個人によって様々な答えがあると思います。
人、住まい、地域、国、などなど一人一人を取り巻く環境が一致することはほぼありません。

環境の中でも特に選べないのが家族。
どんな親の元に産まれて育ったのか。きょうだいはいたのか。どんな価値観の親の元でどんあ教育を受けてきたのか。
上げればきりがありませんよね。

家庭環境に関して、特に親の教育レベルに関しては変えるのがほぼ無理です。
親の教育レベルが低ければ必然的に子どもの、常識、マナー、学習意欲や、大人になってからの経済状況まで変わるという研究結果もあるくらい。

少し話が逸れましたが、要は環境がもたらす影響は多大なものですよという事を頭にいれておいてください。
それを踏まえ、あなたはどんな環境に身を置きたいでしょうか?
また、願望をかなえるためにはどんな環境が必要でしょうか?

自分が幸せになり、積極的に力を発揮するのに必要な要素が環境です。
どの街に住むか、誰をパートナーにするのか。
そんな人生の大きな決断の指針になるワークです。

それらを考えながらワークに取り組んでもらえればと思います!!





あなたの理想の環境は?

1.これまでに、仕事で最高のパフォーマンスを発揮したのはいつで、その時の環境の特徴はどのようなものだったでしょうか?

2.学校で、自分が学ぶのに一番役に立つ(役に立った)学習アプローチや教室の環境はどんなものでしょう?一番役に立っていない(役に立たなかった)のは?

3.環境が自分にはうまく合っていないからという理由で仕事を辞めたことはありますか?もしあるなら、どこが自分に合っていませんでしたか?

4.理想の職場環境を説明しろと言われたら、どんな環境だと答えますか?

5.自分が一番幸せだと感じるのは、どんな社会的状況や関係性においてですか?




如何だったでしょうか?
これを機に環境について考えたことがない人は定期的に考えるようになれば本望です。

よく、成功者は成功する環境にいたから成功したという記事や本を見るが
基本的にそういった組織はポジティブでいることに意義を持ち、その状態で成功しているイメージを強く持つことで引き寄せる!
的な事を声を大にしていう人がリーダーである自己啓発のグループが大半だ。

私のような隠れネガティブ(隠してるわけではないがwそう見えないと言われるので)はそういった場にいると、周りと比較して環境に引っ張られてしまい、強制的にポジティブになってしまう可能性がある。笑



根っからのポジティブでない限り、ポジティブでいること、いようとすることには実はリスクがある。

結果的に言うと、ポジティブな考えを巡らせると起こりうるネガティブな出来事、考えられる失敗やトラブルを予想し予防することをしなくなるので
ネガティブな人よりモテないし、仕事も失敗しやすいし、成功もし辛いという研究結果がリチャード・ワイズマンの研究で明らかになっている。

興味がある方はこの書籍を読んでみるとおもしろいかもぉ。

その科学が成功を決める



読者の皆さんがポジティブなのかネガティブなのかわからないが
基本的にはネガティブな想像が出来てそれを現実に起こさないために頑張れる人間が堅実に成功するというイメージは間違いではないようだ。

基本的に日本人はポジティブな人の方が少ないのでネガティブな人と仮定して記載するが
中途半端なネガティブだと予想できる範囲が狭まってしまうので
起こりうる最悪の事態は何なのかを把握(イメージ)してその対処はどうすればできるのかを考え先手を打つ。先手を打つ。先手を打ち続ける事が人生における最適解なのかもしれない。

とはいえ、ずっと気を張り続けろというのは無理なので、可能な範囲で準備、予防が出来たら後は楽観的に構える事が充実度を上げる術。

矛盾しているようだが、ネガティブの力を使える部分は大いに使って、これ以上ないという部分までくれば力を抜いて、後は野となれ山となれ。という具合である。

その際にやってほしいのが、ネガティブな要素を文字にして書き起こす、ということ。
この、可視化をするというのがとても重要なんです。


人の脳みそはまだマルチタスクになれていないので、色々なネガティブを頭の中だけで処理しようとすると時間がないという感覚に陥り、何から手を付ければよいかわからなくなり、急速に不幸という感覚に陥りストレスが溜まりまくります。

なので、ノートでも、メモ帳でも、スマホでも良いので可視化できるようにしましょうね!
出来れば手書きで書くと良いですよ!
図や絵などイメージを形にしやすいので!

日曜のお昼だし時間ある人は自己認識深める時間にも少し時間割いてみて下さいねー!!


まとめ




・過去の記事のワークもやってみてね☜(゚ヮ゚☜)
・コロナで自粛中は良い機会と思って自分について考えてみよう!
・理想の環境は人によって違うもの。比較しないで良しです。
・理想の環境→人生の大きな決断の指針
・ポジティブになろうとする必要はない。むしろ、ネガティブをうまく使いこなそう。

-役者になるには

© 2021 tana'net Powered by AFFINGER5